アルバイトでもキャッシング審査に通るのか

031

アルバイトをしている方がカードローンなどのキャッシングを利用した時に、バイトでは審査に通る事が難しいのではと考えてしまう人も多くいます。

ただ、実際にはバイトであっても利用可能なキャッシングは多いですし、絶対に審査に通らないという訳でもありません

ですから最初から利用を諦めるのではなく、カードローンの審査に通るのはどういった条件なのか、バイトが審査に落ちやすいのは何故なのかという事を知っておかなくてはいけません。

こういったカードローンの審査に関する情報を知っておく事で、バイトであってもお金が必要になった時、カードローンの利用を考えやすくなるでしょう。

カードローンの審査に落ちてしまうかどうかを分けるのは、収入があるかどうかという点です。これは賃金業法によって総量規制が定められており、無収入の人には貸し出す事ができないというのが理由です

総量規制とはその人に対して年収の3分の1以上のお金を貸し出す事はできないという規制ですから、無収入の場合はどうやっても貸し出す事は不可能となってしまいます。ですからたとえバイトであったとしても、定期的な収入がある場合はカードローンの審査に通る事は可能です。

バイトだから極端に通りにくくなるという訳ではありませんから、安心して審査の申し込みをしましょう。ただ、バイトの場合はやはり正社員として働いている方に比べると審査に通りにくくなっています

その理由としては、バイトの場合は正規雇用とは違い安定性が無いとされており、例えば現在収入があったとしても翌年には収入が0円になっている可能性があり、非常に不安定とされているからです。

金融企業はお金を貸す以上は回収しなくてはいけませんから、収入が不安定になりやすいバイトは審査に落ちやすくなってしまっています。

しかしバイトであっても、しっかりと長期間同じバイト先に勤めているという場合は、安定した収入源だと判断されるためバイトでも審査に通る可能性は高くなるでしょう。

もうひとつ知っておきたいのが、どういったバイトならば審査に通りやすいのかという点です。

例えば長く続いているバイトであっても、年収が100万円以下である場合は返済能力に問題ありと考えられやすく、審査には通りにくくなってしまいます。

年収は100万円以上であり、同じバイト先に1年以上勤めているという場合の方が、カードローンの審査には通りやすいと考えた方が良いでしょう。

カードローンの利用を考える時には、こういった条件を満たしているかどうかを確かめてからの方が良いです。

キャッシングで収入証明が必要・不要となる条件とは

04

カードローンなどのキャッシングを利用する際に必要となるのが収入証明書で、審査の申し込みをする時にはこの証明書も用意しなくてはいけません。

しかし近年では証明書が不要と宣伝しているカードローン会社が多くなってきており、審査の申し込みをする時に用意すべきなのかしなくて良いのか迷っているという人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際には絶対に不要という訳ではなく、一定の条件が揃っていた場合に証明書が不要であるという場合がほとんどで、これを知らないと審査の申し込みをしてから慌てて用意する事になってしまいます。

そうならないためには、証明書が不要となるのはどういった条件なのかを知っておきましょう。

証明書が不要かどうかを判断する際、基本的に証明書が必要となるのは希望限度額が低い場合だけであると覚えておきましょう。

その会社によって多少変わってきますが、多くの消費者金融では希望限度額が50万円を超えるような場合は証明書を求められます

ですから希望限度額が高額である場合は事前に証明書を用意してから、カードローンなどの申し込みをした方が余計な手間がかかる心配がありません。

また希望限度額が低かった場合でも、他社から借り入れをしていて、その合計が100万円を超えるような場合は証明書が必要とされます。

最初の会社で60万円の借り入れをしていて、もう一つの会社から40万円借り入れたいという場合は証明書が必要となるので、注意しなくてはいけません。

これ以外にも証明書が必要となる場合は多く、自営業者や法人代表者が申し込みをする場合や、初回振り込みサービスなど特定のサービスを利用する場合には、例え希望限度額が低かったとしても証明書の提出を求められる事があります。

そしてこういった条件に当てはまっていない場合でも、会社によっては証明書の提出を求められる事があります。特に希望額が年収の3分の1を超えるような場合は必ず証明書が必要となります。

当然ですがカードローン会社も貸したお金を回収する必要がありますから、きちんと返済能力があるかどうかを判断するために証明書を求める事があるので注意しましょう。

また、申込書に不審な点があった場合も証明書の提出を求められるので、申込書に記入する時には不備や不審だと思われるような点がないように注意して記入する必要があります。

突然お金が必要となった時、こういった証明書を用意する時間がもったいないと感じる人は多くいます。

ですからきちんと証明書が不要となる条件を知っておいて、急ぎでお金が必要であるという場合に余計な手間を省いてカードローンを使えるように備えておくと良いでしょう。

即日審査・振込可能なキャッシング会社を探せ !

急なもの入り、思わぬ支払いが続いて家計が苦しくなってしまう事もよくあることです。

特に、社会に出ると、会社のお付き合いや近所の付き合い、親せき間の引き合いも増えていき、どうしても冠婚葬祭といったイベントは計画的にとは行きません。

このようなイベントが続いてしまうと、思わぬ出費がかさんでしまい、ご家庭の台所事情はどうしても苦しくなる為、蓄えが乏しい場合緊急対応措置として、どこかにお金を借り入れする必要もあります。

そんな時、非常に助かるのが、消費者金融などの現金を借りられるシステムではないでしょうか。消費者金融には、どうしても誤ったイメージがつきまとい、素人目にもサラ金など怖い印象を受けてしまう事もあります。

しかし、実際には、金融庁から認可された金融業者という事もあり、一般的に知られる消費者金融であれば、何も恐ろしい事はありません

一度借りたら離れられない、といったイメージもありますが、利用者側が計画性を持って返済していく事で、通常では何ら問題が起こる事もあり得ないのです。

それに、正規の金融業者は、法律によって定められた金利によって、お金を貸し出していますので、不当に利息を支払うといった事もないのです。

実際に借り入れを行う際には、いくつかの方法がありますが、銀行や信用金庫などのローンは、一般的にも安心で安全と評価が高いものです。

確かに銀行などの金融機関は、ほとんどが大企業という事もあり、その信頼度はかなり高いと言えるものですが、必ずしも消費者の利便性に沿ったものではありません。

なぜならば、こうした銀行などの金融会社は、事前に申し込みが必要であり、必要書類が多く、さらには融資までの期間が非常に長い事がネックとなっています。

融資までの期間が長い理由の一つに、申し込み審査が厳正に行われているという事が挙げられます。

確かに、確実に貸したお金を回収する為に、借りる側の実情を知る事は、業務として当然のことでしょう。しかし、すぐにでも借り入れを行いたい利用者にとって、融資までに時間がかかるというのは、デメリットでしかありえません。

突然の出費は、思いがけずやってくるものです。特にお子さんがいらっしゃれば、学費の問題や急な病気など、冠婚葬祭以外にも様々な出費が考えられます。

こうした利用者のニーズに応えてくれるのが、消費者金融などのキャッシングシステムであり、審査も比較的簡単に行われる為、即日振り込みで現金をすぐにでも出る事が可能なのです。

消費者金融なら審査時間短縮?気軽に借りられる秘密

gimonten

「銀行は低金利で返済の負担も少ないけれど、審査に時間がかかるから敷居が高い」。キャッシングやカードローンを初めて利用する初心者からよく聞かれる声です。

確かに、銀行のカードローン審査には数週間程度の時間がかかり、消費者金融などのようにその日のうちにお金が借りられる、ということはあり得ません。

銀行にはない「即日融資」を消費者金融が可能にしている理由としてはもちろん、申請から融資までの期間が格段に短い、ということが挙げられます。

銀行などでも現在は点数化による融資判定システムを導入していますが、銀行以外の金融機関ではそのシステムをさらに簡略化し、最小限のプロセスで融資の合否判定が行えるようにしているのです。

街角に設置されている自動契約機では担当スタッフのガイダンスから必要書類のスキャン、最終的な融資判定まで、一連のプロセスを最短30分で完了させられる場合があり、徹底したそのスピーディさが銀行以外の金融業者が急速にシェアを伸ばしている要因となっています。

即日融資、すぐにお金を借りられるということで、初心者の方にとってはむしろ不安も残るかもしれません。ただ、もちろん、「融資が早い=基準が甘い」というわけではなく、一定以上の収入水準が担保されていなければお金を借りることができません。

銀行とは違って「お金を貸すこと」をメインの業務としている金融業者は融資の焦げ付きをふせぐため、申請者本人の収入についてはむしろ銀行以上にシビアな視点でチェックしています。

融資判定を最短30分以内で行うことができ、その日のうちにお金が口座に振り込まれるとなれば、お金を借りているうちにどうしても金銭感覚がずれていき、あたかも「無限の財布を手に入れたか」のような錯覚に陥っていきます。

当たり前のことですが、キャッシングやカードローンは無限のATMではありません。キャッシングやカードローンによって口座に振り込まれるお金はあなた自身のお金ではなく、いつかは返さなくてはなりません

そして、金融業者からお金を借りている以上、元金に対して利息を上乗せして返済する必要があることもしっかりと理解しておく必要があります。

金融業者から融資を受けることが半ば当たり前になりつつある今の時代、キャッシングやカードローンを前提として生活の設計を立てている人も多いようですが、それは非常に危険な考え方です。

いつの時代も借金はあくまでも緊急避難の手段であり、日常的な救済ツールではないことをおさえておきましょう。

初心者要チェック!消費者金融の評判を正確に知る方法は?

a5023

金融機関からはじめて融資を受ける場合、業者の評判をあらかじめリサーチして健全な業者をピックアップする必要があります。

特に消費者金融の場合、業者ごとの年利にばらつきがあるため事前にいくつかの業者を比較する必要があり、できるかぎり評判の良い、良心的な業者と融資契約を結ぶことが無理のない返済をつづけるためのポイントになります。

金融業者のクチコミを調べるツールとして最も手軽なのがインターネットです。

どの業者も公式ウェブサイトをもっていますので、サイトをチェックするだけでも年利の水準やおおよその返済プランをシミュレーションすることができ、業者の健全度を自分なりに把握することができます。

また、金融業界に特化したクチコミサイトも最近では増えており、主だった金融業者ごとのクチコミを一覧形式でまとめてチェックできるため、実際に融資を受ける際の参考になります。

クチコミサイトを閲覧するうえで大切なチェックポイントは、スタッフの対応です。

金融業者のクチコミというと、平均的な金利や返済プランのほうを強く意識しがちですが、それ以上に重要になるのが窓口での対応であり、特にスタッフの人柄などについてはクチコミを見なければなかなか具体的にイメージできないため、ネットからの情報の比重がきわめて大きくなります。

さらに、返済方法についてもチェックが必要です。

平日の日中は仕事で窓口まで行けないという場合は街角のATMや自動端末で時間外に返済することができますが、自動端末の対応時間も業者ごとに異なっているため、そのあたりの違いについてもあらかじめきちんと把握しておくことが大切です。

テレビCMや規制緩和などの影響により、金融業者に対する世間的なイメージもこの数年で大きく変わりました。かつて、金融業者といえば「銀行以外は要注意」というイメージが広がっており、よほどの事情がないかぎり近寄ってはいけない領域として一般的には認識されていました。

ところが、貸金業法の改正によって金利の上限がもうけられ、また金融業者のほうも独自にイメージのクリーンアップに乗り出したこともあって、一般レベルでも「金融業者も気軽に利用していい」というイメージが当たり前になりつつあります。

もちろん、非合法な闇金に比べればはるかに健全とも言えますが、どの業者を選ぶにしても、「お金を借りる」ことはリスクの大きい行為であることをきちんと認識しておく必要があります。

今すぐお金を借りるには?手軽なキャッシングを要チェック!

予定されていた収入が突如なくなった、知り合いの葬儀や結婚式などに急遽出席することになった、記念日だったからちょっと贅沢してしまった、暮らしのなかで急にお金が必要になる場面は多々あるものです。

貯金もそれほどない若いうちは、今すぐお金を借りることができるカードローンやキャッシングが意外と頼りになります。

本当に緊急の出費にそなえる、ということであれば消費者金融系のキャッシングおよびカードローンがおすすめです。

ここ数年は即日融資を謳う消費者金融系の業者も増えており、収入など最低限の条件さえ満たしていればその日のうちにお金が指定の口座に振り込まれるケースがあります。

すぐにお金を借りられる、という意味では非常に頼りになる消費者金融業者ですが、反面、高金利で返済期間が短いというデメリットがあり、あまりにも無計画にキャッシングを繰り返していると利息だけで返済が追いつかなくなる、という怖さもあります。

最近では貸金業法上の「総量規制」が導入されたことで債務不履行に陥るリスクは軽減されていますが、それでも「消費者金融は高金利」であることに変わりはなく、利用にあたっては綿密な計画性が必要です。

すぐにお金が必要だけど消費者金融は怖い、という方は流通系のカードローンに注目してみるのもひとつの方法です。

日本国内では消費者金融系の次に審査基準がゆるいと言われており、一定の要件をクリアすれば即日融資も可能になります。

流通系カードローンも銀行系などと比べれば高金利になりますが、消費者金融系よりは低い金利でお金を借りることができるため、銀行系と消費者金融系のメリットを足し合わせたカードローンと考えることができます。

ところで、なぜ、多くの消費者金融はゆるい審査基準でその日にお金を貸すことができるのでしょう。それは、需要と供給が一致しているからです。ものすごく大ざっぱな言い方をすれば、消費者金融はもともと、「お金を貸したくて仕方がない」のです。

ひとりでも多くの顧客に高い金利でお金を貸せばその分利益が増えますから、消費者金融としては多少審査基準をゆるくし、焦げ付きのリスクを覚悟してでもユーザーを増やす道を選んだのです。

その点、銀行や信販会社はそもそも「お金を貸す」ことがメインの業務ではありませんから、他のセクション(銀行ならば預金業務)で利益を確保することによってカードローンの金利を低くおさえる、ということが可能になっているのです。