今すぐお金を借りるには?手軽なキャッシングを要チェック!

予定されていた収入が突如なくなった、知り合いの葬儀や結婚式などに急遽出席することになった、記念日だったからちょっと贅沢してしまった、暮らしのなかで急にお金が必要になる場面は多々あるものです。

貯金もそれほどない若いうちは、今すぐお金を借りることができるカードローンやキャッシングが意外と頼りになります。

本当に緊急の出費にそなえる、ということであれば消費者金融系のキャッシングおよびカードローンがおすすめです。

ここ数年は即日融資を謳う消費者金融系の業者も増えており、収入など最低限の条件さえ満たしていればその日のうちにお金が指定の口座に振り込まれるケースがあります。

すぐにお金を借りられる、という意味では非常に頼りになる消費者金融業者ですが、反面、高金利で返済期間が短いというデメリットがあり、あまりにも無計画にキャッシングを繰り返していると利息だけで返済が追いつかなくなる、という怖さもあります。

最近では貸金業法上の「総量規制」が導入されたことで債務不履行に陥るリスクは軽減されていますが、それでも「消費者金融は高金利」であることに変わりはなく、利用にあたっては綿密な計画性が必要です。

すぐにお金が必要だけど消費者金融は怖い、という方は流通系のカードローンに注目してみるのもひとつの方法です。

日本国内では消費者金融系の次に審査基準がゆるいと言われており、一定の要件をクリアすれば即日融資も可能になります。

流通系カードローンも銀行系などと比べれば高金利になりますが、消費者金融系よりは低い金利でお金を借りることができるため、銀行系と消費者金融系のメリットを足し合わせたカードローンと考えることができます。

ところで、なぜ、多くの消費者金融はゆるい審査基準でその日にお金を貸すことができるのでしょう。それは、需要と供給が一致しているからです。ものすごく大ざっぱな言い方をすれば、消費者金融はもともと、「お金を貸したくて仕方がない」のです。

ひとりでも多くの顧客に高い金利でお金を貸せばその分利益が増えますから、消費者金融としては多少審査基準をゆるくし、焦げ付きのリスクを覚悟してでもユーザーを増やす道を選んだのです。

その点、銀行や信販会社はそもそも「お金を貸す」ことがメインの業務ではありませんから、他のセクション(銀行ならば預金業務)で利益を確保することによってカードローンの金利を低くおさえる、ということが可能になっているのです。