キャッシングで収入証明が必要・不要となる条件とは

04

カードローンなどのキャッシングを利用する際に必要となるのが収入証明書で、審査の申し込みをする時にはこの証明書も用意しなくてはいけません。

しかし近年では証明書が不要と宣伝しているカードローン会社が多くなってきており、審査の申し込みをする時に用意すべきなのかしなくて良いのか迷っているという人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際には絶対に不要という訳ではなく、一定の条件が揃っていた場合に証明書が不要であるという場合がほとんどで、これを知らないと審査の申し込みをしてから慌てて用意する事になってしまいます。

そうならないためには、証明書が不要となるのはどういった条件なのかを知っておきましょう。

証明書が不要かどうかを判断する際、基本的に証明書が必要となるのは希望限度額が低い場合だけであると覚えておきましょう。

その会社によって多少変わってきますが、多くの消費者金融では希望限度額が50万円を超えるような場合は証明書を求められます

ですから希望限度額が高額である場合は事前に証明書を用意してから、カードローンなどの申し込みをした方が余計な手間がかかる心配がありません。

また希望限度額が低かった場合でも、他社から借り入れをしていて、その合計が100万円を超えるような場合は証明書が必要とされます。

最初の会社で60万円の借り入れをしていて、もう一つの会社から40万円借り入れたいという場合は証明書が必要となるので、注意しなくてはいけません。

これ以外にも証明書が必要となる場合は多く、自営業者や法人代表者が申し込みをする場合や、初回振り込みサービスなど特定のサービスを利用する場合には、例え希望限度額が低かったとしても証明書の提出を求められる事があります。

そしてこういった条件に当てはまっていない場合でも、会社によっては証明書の提出を求められる事があります。特に希望額が年収の3分の1を超えるような場合は必ず証明書が必要となります。

当然ですがカードローン会社も貸したお金を回収する必要がありますから、きちんと返済能力があるかどうかを判断するために証明書を求める事があるので注意しましょう。

また、申込書に不審な点があった場合も証明書の提出を求められるので、申込書に記入する時には不備や不審だと思われるような点がないように注意して記入する必要があります。

突然お金が必要となった時、こういった証明書を用意する時間がもったいないと感じる人は多くいます。

ですからきちんと証明書が不要となる条件を知っておいて、急ぎでお金が必要であるという場合に余計な手間を省いてカードローンを使えるように備えておくと良いでしょう。