消費者金融なら審査時間短縮?気軽に借りられる秘密

gimonten

「銀行は低金利で返済の負担も少ないけれど、審査に時間がかかるから敷居が高い」。キャッシングやカードローンを初めて利用する初心者からよく聞かれる声です。

確かに、銀行のカードローン審査には数週間程度の時間がかかり、消費者金融などのようにその日のうちにお金が借りられる、ということはあり得ません。

銀行にはない「即日融資」を消費者金融が可能にしている理由としてはもちろん、申請から融資までの期間が格段に短い、ということが挙げられます。

銀行などでも現在は点数化による融資判定システムを導入していますが、銀行以外の金融機関ではそのシステムをさらに簡略化し、最小限のプロセスで融資の合否判定が行えるようにしているのです。

街角に設置されている自動契約機では担当スタッフのガイダンスから必要書類のスキャン、最終的な融資判定まで、一連のプロセスを最短30分で完了させられる場合があり、徹底したそのスピーディさが銀行以外の金融業者が急速にシェアを伸ばしている要因となっています。

即日融資、すぐにお金を借りられるということで、初心者の方にとってはむしろ不安も残るかもしれません。ただ、もちろん、「融資が早い=基準が甘い」というわけではなく、一定以上の収入水準が担保されていなければお金を借りることができません。

銀行とは違って「お金を貸すこと」をメインの業務としている金融業者は融資の焦げ付きをふせぐため、申請者本人の収入についてはむしろ銀行以上にシビアな視点でチェックしています。

融資判定を最短30分以内で行うことができ、その日のうちにお金が口座に振り込まれるとなれば、お金を借りているうちにどうしても金銭感覚がずれていき、あたかも「無限の財布を手に入れたか」のような錯覚に陥っていきます。

当たり前のことですが、キャッシングやカードローンは無限のATMではありません。キャッシングやカードローンによって口座に振り込まれるお金はあなた自身のお金ではなく、いつかは返さなくてはなりません

そして、金融業者からお金を借りている以上、元金に対して利息を上乗せして返済する必要があることもしっかりと理解しておく必要があります。

金融業者から融資を受けることが半ば当たり前になりつつある今の時代、キャッシングやカードローンを前提として生活の設計を立てている人も多いようですが、それは非常に危険な考え方です。

いつの時代も借金はあくまでも緊急避難の手段であり、日常的な救済ツールではないことをおさえておきましょう。